スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉢植えの引越し

春先に植えたプチトマトがうちのベランダですくすく成長しています。
いつもの「M」が鉢植えのお引越しについて書きたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

鉢植えは基本的にお引越しの3日前から水やりをやめ
引越し当日は土がこぼれないようにビニールに入れていただいております。
植物のたけにもよりますが、
鉢植えがころげないように、ダンボールに入れるとより安心です。

引越し先では植え替えた時のように、しっかりと水をあげてください。

うちのプチトマトは種がたくさんあるので、
苗はあきらめて、土はビニール袋へ、鉢は普通の荷物と一緒にしました。
一年草ですから、種が育つ土の方を大事にしました。

植物のクローンの話を聞いたことがあるかと思います。
折れたり枯れたりしても、どこかに生きている細胞を、
育つ環境にいれてあげれば、苗になるそうです。

だからぞんざいな扱いにしてもいいという事はありません。
育つ事にかかってた手間や時間も貴重な財産です

そうしたものも大事に運ぶアイル引越センターをぜひ活用ください。

引越 富山 引越し 富山県 引越 富山市 引越し 富山県 引越 I'll corporation
スポンサーサイト

テーマ : 草花 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。