スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仏壇 の 引越し

本日は お仏壇引越し について考えてみたいと思います。

よくお客様から 仏壇 運ぶ時って、どうすればいいのという質問をお受けします。
お仏壇引越し (移動・移設)する際には、各宗派により大きく考え方が違いますので、お寺さんに相談されるのが確実に失礼のないように運ぶ事ができます。

今日は、私たちの 富山 に多い宗派「浄土真宗」の 仏壇 の運搬について書かせて頂きます。少しでも参考になれば幸いです。

まずは、お仏壇 の本当の意味を考えてみたいと思います。



金仏壇金仏壇




問い 仏壇 は何をするもの?

お仏壇 は、ご本尊 である 阿弥陀如来 さまをご安置するところであり、お浄土 を形に表したものです。私たちが、お仏壇 を通して、お浄土 を想い、お浄土 の教えに触れさせていただく大切な場所であって、亡くなった人をお奉りする場所ではありません。

問い 亡くなった人がいないから必要ない?

お仏壇 は「死んだ人がいない家に置くものではない」とか「先祖もないのに置けば不幸がある」などの様々な迷信や誤解がありますが、間違いです。
お仏壇 は家庭の中心であり、心のよりどころです。本家も、分家も、長男も、次男も、関係ありません。
お仏壇 は亡くなった人のために必要なのではなく、今生きている私たちのために必要なのです。


いよいよ次に 引越し の時に必要な事は?

問い 引越し 前に「魂抜き または 精抜き」?新居では「魂入れ または 精入れ」が必要?

そもそも 浄土真宗 に「精」や「性根(正念)」、「魂」などといったものはありません。
浄土真宗 では、仏壇 を移動する場合「遷座(せんざ)法要」または「遷仏(せんぶつ)法要」になり、お寺さんに来てもらいます。

お位牌仏具梱包 は?

そもそも 浄土真宗 には 位牌 というものを使用しません。ましてや、お位牌 を 仏壇 の中心に置いてあるなどは、ご本尊に対して大変に失礼な事だそうです。
仏具の 梱包 に関しては、新しい包装紙で 梱包 し新しい梱包用ダンボールに入れますが、上に物を乗せたりといった失礼のないように気をつけます。
灯籠などは 仏壇 の中でゆれても大丈夫なように包装紙やエアキャップなどを使用しながら 梱包 します。
引越し 業者など梱包してくれる会社もあるようです。ちなみに、もちろん アイル引越センター でも 梱包 させて頂いて運搬しております。

生活家財と一緒にお運びする場合、富山県内の近距離であれば基本的にお荷物の最後に 仏壇 を積ませて頂いてます。そして、新居では一番目に入って頂くようにしております。


最後に、、、
には終わりがあります。
死にたくないけれど、死ななければなりません。
どんなに大切な人とも、いつか必ず別れる時がきます。
その事実を背負いながら人は生きていかなくてはなりません。
その現実に正直に真っ直ぐ向き合い、生きる事の真の素晴らしさを学ばせてくれるのが宗教なのかなと思います。
「なんまんだーぶー」

多少なりとも参考になりましたか?よければ『拍手』にクリックお願いします(^^;


アイル引越センター

http://www.ill-corp.com/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。